咬合のセルフチェック
責任を持った妥協のない治療を行っております
昭和5年開業
歯科 高崎市
歯科・口腔外科・小児歯科・矯正歯科・インプラント・ホワイトニング・顎関節症・ドライマウス・口腔がん検診
群馬県高崎市中紺屋町16番地
高崎 歯科

PAGE TOP

電話をかける

トップへ当院が選ばれる理由顎関節咬合のセルフチェック

咬合のセルフチェック

咬み合わせのセルフチェックシート

最近1カ月についておたずねします。

咬み合わせの位置が定まらないと感じたことはありますか?

口が思うように開かなかったり、あごがスムーズに動かないことがありますか?

咬み合わせの高さに不満を感じたことがありますか?

自分の歯並びが気になることがありますか?

歯ぎしりや歯を強く咬みしめるくせがありますか?

左右どちらか一方で咬むくせがありますか?


このチェック表ですべての咬み合わせの異常が発見できるわけではありません。

合計が5点以下であっても治療が必要な症例もあります。
9点以上になった場合でも治療が必要でない症例もあります。

咬合スコアはスクリーニングを行うためのものです。
確定診断は歯科医師に行ってもらうようにしてください。



顎関節症の分類(2013年改訂)

顎関節症は、日本顎関節症学会によって次の4つに分類されています。

Ⅰ型 咀嚼筋障害(咀嚼筋障害とそれによる機能障害を主徴候としたもの)

咀嚼筋(そしゃくきん)は、下顎骨の運動(主に咀嚼運動)に関わる筋の総称です。

顎関節症 高崎市

閉口筋:
咬筋、側頭筋、外側翼突筋(上頭)、内側翼突筋

開口筋:
顎舌骨筋、オトガイ舌骨筋、顎二腹筋、外側翼突筋(下頭)

この口を閉じたり・開けたりするための筋肉に痛みやコリなどの症状がある場合をいいます。

頭痛(筋緊張性頭痛)、顔面や目、耳、のど、歯、舌、首などの痛み、肩こり、また手のしびれなど様々な症状が生じます。

M(Myalgia)筋痛:クリックなし、咀嚼筋痛・開口時痛あり、二次性関節痛なし

MA(Myalgia+Arthralgia)筋痛+関節痛:クリックなし、咀嚼筋痛・開口時痛あり、二次性関節痛あり

Ⅱ型 顎関節痛障害(内因性・外因性の外傷による病変を主徴候としたもの)

顎関節を構成する軟組織が外傷を受けた場合、顎の関節部分に痛みが生じます。痛みは口の開閉時、咀嚼時、圧迫時に生じますが、何もしていないときでも鈍痛が起こる場合があります。

A(Arthralgia)関節痛:クリックなし、顎関節痛・開口時痛あり、二次性関節痛なし

AM(Arthralgia+Myalgia)関節痛+筋痛:クリックなし、顎関節痛・開口時痛あり、二次性関節痛あり

Ⅲ型 顎関節円板障害(関節円板の異常を主徴候としたもの)

下顎頭の上に位置している関節円板が前方にずれてしまうと、雑音がしたり口が開きにくくなったりします。

a:復位性関節円板転位

顎を開け閉めした時に、「コリッ」「ポキッ」「カクッ」などの音(関節雑音・クリック音)がする事が特徴です(音がしない方もみえます)。

関節円板がずれている方は、本人が気がつかないだけで、人口の15%~32%程度存在するといわれております。
特に痛みなどの症状がない場合、治療対象とならないことがほとんどです。

CE(Early Click)クリック初期:一次性クリック初発から2週間未満

CO(Click Only)クリック単独:無痛の一次性クリック初発から2週間以上経過

CP(Click+Pain)クリック+疼痛:開口時痛を伴う一次性クリック初発から2週間以上経過

b: 非復位関節円板転位

口が開こうとしても2cm程度しか口が開かなくなり、途中で引っかかってしまい、クローズドロックという状態になります。

IL(Intermittent Lock)間欠ロック:間欠的な開口障害

LE(Early Lock)ロック初期:開口障害開始2週間未満

LC(Chronic Lock)慢性ロック:開口障害開始2週間以上経過

Ⅳ型 変形性顎関節症(退行性病変を主徴候としたもの)

X線写真の基準所見

①皮質骨の断裂
②辺縁性増生
③吸収性変化を伴う下顎頭の縮小化

高崎 歯科 高崎市 歯医者 高崎 歯医者

診療日カレンダー

お口の中の悩みは、お気軽にご相談ください

歯医者 高崎