HPVは口腔咽頭がんの原因にも
責任を持った妥協のない治療を行っております
昭和5年開業
歯科 高崎市
歯科・口腔外科・小児歯科・矯正歯科・インプラント・ホワイトニング・顎関節症・ドライマウス・口腔がん検診
群馬県高崎市中紺屋町16番地
高崎 歯科

PAGE TOP

電話をかける

トップへ当院が選ばれる理由HPVは口腔咽頭がんの原因にも

HPV(ヒトパピローマウイルス)は口腔咽頭がんの原因にも

性交パートナー多数なら高リスク

米国ジョンズ・ホプキンス大学ブルームバーグ校公衆衛生学部のグループがヒトパピローマウイルス(HPV)と口腔咽頭がんの関係を調べる研究を実施し、結果をNew England Jounal of Medicine(NEJM)誌5月10日号で報告しました。

口腔咽頭がんと診断された100人の患者と、癌の既往がなく良性の疾患で受診した200人を対象に多変量ロジスティック回帰モデルでHPV感染と口腔咽頭がんの関係を評価しています。
その結果、HPV感染と口腔咽頭がんの間に有意な相関がみられました。

HPV感染と口腔咽頭がんとの関係については「HPV-16の口腔感染」のオッズ比が14.6(95%信頼区間6.3-36.6)、「HPVのいずれかの口腔感染」のオッズ比は12.3(5.4-26.4)でした。
セックスパートナーの数が多い(26人以上)群では口腔咽頭がんのリスクが上昇し、「パートナーが0~5人」を基準としたオッズ比は3.1(1.5-6.5、p=0.002)でした。
オーラルセックスのパートナーの数が多い(6人以上)群のリスクも高く、「パートナーが0人」を基準としたオッズ比は3.4(1.3-8.8、p=0.009)でした。
「その場限りのパートナーがいる」「性交の初体験が17歳以下」「コンドームをほとんど使用しない」群の口腔咽頭がんの罹患リスクも高値でした。「得られた結果は、男性へのHPVワクチン接種を支持するものだ」と著者らは述べています。

(Gypsymmber D'Souza et al.NEJM.2007;356:1994-55)

性行為と口腔咽頭がんの関連

口腔咽頭がん患者
(n=100)

対象とした
患者
(n=200)

調整オッズ比

患者全体

HPV-16
陽性の患者

セックスをした相手の数

0~5人

31(31%)

108(54%)

1.0

1.0

6~25人

41(41%)

63(32%)

2.2(1.2-4.0)

2.7(1.4-5.5)

25人以上

28(28%)

29(14%)

3.1(1.5-6.5)

4.2(1.8-9.4)

オーラルセックスを行った相手の数

0人

12(12%)

38(19%)

1.0

1.0

1~5人

46(46%)

110(55%)

1.9(0.8-4.5)

3.8(1.0-14.0)

6人以上

42(42%)

52(26%)

3.4(1.3-8.8)

2.4(2.2-34.0)

その場限りの性交渉パートナー

いない

42(42%)

120(60%)

1.0

1.0

いる

58(58%)

80(40%)

1.7(1.0-3.0)

2.4(1.2-4.7)

コンドーム使用

いつも、あるいはほとんどの場合使用

28(28%)

90(45%)

1.0

1.0

全く使用せず、あるいはほとんど使用せず

72(72%)

110(55%)

2.2(1.2-3.8)

2.1(1.0-4.0)

口腔内HPV感染率、男性で高い

米国国民健康栄養調査(NHANES)から14-69歳の男女5579人を対象に、口腔内ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染率を横断研究で調査しました。全体の感染率は6.9%でした。年齢別では30-34歳で7.3%、60-64歳で11.4%と二峰性を示しました。男性は女性より有意に高値でした(10.1%対3.6%、P<0.001)。

文献:Prevalence of Oral HPV Infection in the United States, 2009-2010

高崎 歯科 高崎市 歯医者 高崎 歯医者

診療日カレンダー

お口の中の悩みは、お気軽にご相談ください

歯医者 高崎